05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のおはなし
カテゴリー別
オレリンク

全タイトルを表示

オレ特選
RSSフィード
相武紗季フリーク オレ専用ザクで妄想大会! おまえのザクではダメだ!
オレ専用ザク 押すとTOPページへ戻るよ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ケツは綺麗にしとけ! と豊臣秀吉が言っていたらしい
4月の半ばころのお話

仕事場に向かうために電車に乗っていた。
ふざけた会社で仕事をしているもんでラッシュ時間からかなりずれた通勤時間である。
そして
小雨が降っていたので花粉症のオレにはとても気持ちの良い日だった。

またこれかよ!!

突然の便意に全身に鳥肌が立つ!

ただの便意では無い、いかにも下痢ですと言わんばかりに腹が煮えたぎるように熱い!

体を鍛えていた学生時代と違い、ケツ筋が弱っている。
わずかな下痢気味便意でも「こんなところで出ちまったら・・」とネガティブに考えて恐怖に駆られてしまう。




もともとトイレは和式派だった。誰がなんと言おうが気合が乗る!
しかし時の流れは人を変える。

今ではどう考えても洋式のウォシュレットを推す。
限り無く完璧に近い状態まで、ケツを清潔に出来るからだ。
洋式ウォシュレット派になってから7,8年経つだろうか。

移動中であってもどこに行けば清潔なウォシュレット搭載のトイレがあるか把握している。
ここの通りなら○○ホテルのトイレ。どこそこの駅周辺なら○○デパートという感じに。
マンガ喫茶ですらウォシュレット搭載トイレのある店を選んでいるくらいだ。



今にもたっぷり噴出してしまいそうな便意のその時、○○のデパートが近いと判ってはいるものの、とてもじゃないがそこまで間に合わないと判断した。

どうするオレ!?

しかたなく駅のトイレへ。
トイレに入った瞬間から安っぽい芳香剤のトイレ定番の悪臭がする。
そして、全個室が和式!
ここ1,2年、和式なんぞ使ったことが無い。

個室に入る。今か今かと腹が唸っているが、
和式トイレでは 脱糞のための儀式 を怠るわけにはいかない!

ジーンズのポケットの中の物を全て出してカバンの中に詰め込む。何ひとつポケットの中に残してはならない。踏ん張っている最中にポケットからポロリと落ちる可能性あるからだ。便器の中に落ちなくても床に落ちるだけで大ダメージである。

幸い荷物を置く棚のようなものがある。しかし、そのまま置いてはダメだ!

棚が清潔であるとは限らないのが駅便の基本。棚にトイレットペーパーを2重に敷き詰めてから荷物を置く。
世の中には想像を超えた小汚いトラップを仕込むヤツがいる。
全くもって潔癖症では無いが他人の汚物で汚れるのだけは許せない。

そして踏ん張る。
思ったより膝が曲がり切ってなく、ケツが高い位置にあるような気がする。
次第に膝がガクガクと震えてくるがスーパーサイヤ人のような気合を出して耐える。

さすがは和式、気合が乗る。通常の3倍の速度で出る。
出たモノ全てを視認出来るのも良い。


和式トイレも棄て難し!!


トイレ備え付けのトイレットペーパーは習字の半紙のようなすべすべの紙で拭いた気がしない。
いや、なでている程度なので確実に拭き残しがある。

結局仕事場についてすぐトイレに駆け込みウォシュレットだけやった。
明日は筋肉痛だろうなーと思いながら・・
スポンサーサイト
| 戦記 | 04:22 | トラックバック:0コメント:1
vs オトシモノ
オレはビビリなのか!?  超不定期シリーズ第3弾。

第1弾 「vs 呪怨 」
第2弾 「vs 呪怨2 」
こんな誰も望んでいないシリーズ知るかよ!

今回のお題は昨年9月に公開された映画

「オトシモノ」

出演:沢尻エリカ・若槻千夏・小栗旬・杉本彩・板尾創路

--適当なあらすじ--
ある駅で落し物を拾った人物は謎の失踪を遂げる。
その駅の近くのトンネルに何か秘密が・・
(ほんと適当だな・・)

正体不明の存在に狙われる怖さは最近の邦画ホラーらしい造りをしていて、普通に怖い。
見所は沢尻エリカしかありえないのだが、化粧がちょっと濃い目で残念かもしれない。地味な女子高生という設定は無理があった。若槻千夏との友情が芽生える的な描写はいらなかった。

映画を見ていて「つまらない」と感じると「早く終わらないかな」と思ったり、残り時間を気にしてしまう性格をしているのだがそのようなことは無かった。でもテンポは決して良いというわけでは無い。1時間半という時間が丁度良いのかも。

比較的、見えたらいけないモノを見せるタイプの撮影方法だ。
ゆえにビビリながら見ていても、途中でリタイアする程ではなかった。
オレの勝ち!?

クライマックスはありえない展開にいろんな意味でビビった。
洋物ホラーみたいな演出になって「趣旨変わってね!?」って流れで大抵の人は引いてしまうと思う。
しかし、逆にそこがオレには楽しめた!

オトシモノ
オトシモノ

| 戦記 | 00:02 | トラックバック:0コメント:0
子供のころに目指していた大人になれなかった。 Episode-2
暑くも無く、寒くも無いとても気持ちの良い日。

電車に乗っていた。

運良く長椅子の一番端っこに座ることが出来た。

電車に乗ったら携帯でメールを打つかゲームをするかの2択だ。
その日はなんとなく麻雀ゲームをやっていた。

オレのすぐ隣、扉の前で立っているヤツがいた。

なにか異様な気配を感じ、「?」って感じで横を見た。


隣に立っていたヤツが

いきなり立ったまま痙攣(けいれん)しだした!

白目をむいていて口からいろいろ出ていた。

突然だったし距離が近いというのもあって心臓が飛び出るくらい驚いた。



一瞬、オレが何か悪いことでもしたのだろうかという気持ちにもなった。

そして、そいつは泡を吹きながら倒れた。


オレは動けなかった。

座ったまま立つことすら出来なかった。

直ぐに側にいた医療知識があるような感じの人が近寄ってきて、痙攣して倒れたヤツの体を仰向けから横向きにしていた。窒息しないようにしたのだと思う。

オレも何かしてやりたかった。でもどうすれば良いのか判らない!

そいつは目を開けてはいるが痙攣は治まらず、たまに呼吸が止まっても見えた。人工呼吸でもしろとでもいうのか!?

電車は駅で止ったまま動かない。
1分ほどして斥候の駅員が一人来たが応援を呼びにいったままなかなか戻って来ない。

ビビリモードになって座ったまま何も出来ないオレと倒れているやつの目とが何度か合った。

oreninanigadekiru-1.jpg



担架を持って駅員が3人来た。

痙攣して倒れたヤツを持ち上げて担架に乗せるくらいならオレにも出来る。しかし、何か手助けが出来ないかと近寄ってきている有志の方々が大勢来てしてまっていて、もはやオレの出番は無い。


結局オレは何もしなかった。


緊急時に何か出来る大人になっているはずだった!


数日経った現在、仕事をするにも遊ぶにも全く集中出来ていない。
この出来事はオレにとって一生のトラウマになるだろう。

自分のダメさ加減で落ち込むのってキツイ。





ちなみに担架に乗せられてホームまで運ばれたソイツは痙攣がおさまったようで上半身を起こしていた。まー大事に至らなくて良かった。
死んでたらオレが立ち直れない!
| 戦記 | 04:55 | トラックバック:0コメント:5
バイクでバキューン!
バイクでコンビニに寄った時の話

得に買う物が無かったがとりあえず家へ真っ直ぐ帰るのもつまらないので、コンビニに寄った。バイクはコンビニの脇に止めて、メットはハンドルにかけて。

やっぱり、買う物なくて雑誌を立ち読みすることに、マガジンだけは読んでおきたくて。
マガジンを軽く読み終え、コンビニから出ると・・


ん!


オレのバイクに変なおっさんが股がっている!

ハンドルを握ってスロットル(アクセル)を回して!

『バキュ~ン バキュ~ン 』
って 叫んでる!




マ・・マジ デスカ・・


気味が悪く、少し様子を見ることに。

かなりの近い距離でこちらが見ているにも関わらず全く気にしていない 。

どうやら障害を持っている人のようだ。

あ!  オレのメットが下に落ちてる!

ん ~ 引きずり下ろしてハリ倒したいところなんだが・・
心が病んでいようとも体が健康のオレが手を出す訳にはいかない・・

まだ、
『バキュ~ン ババ~ン』
言ってるし・・





勇気を振り絞り

『あの~ もう、家に帰るので 降りてもらえます ? 』

紳士的かつ慎重に訴えてみた。
なんせ スカウターがね~し、相手の戦闘力が判らん!

だが、相手はこう言った。


『オレのだ!』



・・キサマのだったんかい !


オレの人生で初めての展開なためどうすれば良いのか判らない!

しかし、通りすがりのおばさん現る!

『 お兄ちゃんが 困ってるでしょ~ 返してあげなさい 』

の好セリフ。
どうやら謎のおっさんと知り合いのようだ。
気味悪いくらいそのセリフは、効果を発揮し、おっさんはマイバイクを開放した。

おばさん : 『本当に ごめんなさいね』

オレ : 『いえいえ こちらこそすみません』 ・・なんか謝ってるオレ


おっさんは、まだハンドルを握っているかのような手つきで『バキュ~ン ババ~ン』 っと言いながら 走り去って行った。
| 戦記 | 01:04 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ


特選相武紗季
オレお薦め

サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。