10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のおはなし
カテゴリー別
オレリンク

全タイトルを表示

オレ特選
RSSフィード
相武紗季フリーク オレ専用ザクで妄想大会! おまえのザクではダメだ!
オレ専用ザク 押すとTOPページへ戻るよ
ヤングチャン!のゆっきー | main | やらせがTVだ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
アニメ版 デスノート25話について
原作をなぞっているだけのアニメ版デスノート。
原作を読んでいるオレにはあまり新鮮味が無くなんとなく見ているに過ぎなかった。

原作のグダグダ具合を現しているかのような新OPのマキシマム ザ ホルモンはとても合っている。


今までで原作と違うかなと思えるシーンはほとんど無かった。しいて言えばセリフが大幅にカットになった程度だった。
しかし、25話は原作に無い描写がいくつかあって驚いた。



キラとしての記憶が戻ったミサミサが歌を歌いながら街を練り歩き犯罪者裁きをする描写。ちょっと怖い。

animedn25-3.jpg


そして一番驚いたのがこれ
animedn25-10.jpg

幼少時代のLがワイミーズハウスに引き取られていくような描写だ。
原作でのLの正体は不明のまま終わる。おそらく・・・だろうという予測までしか立たないのだがこの絵はかなりはっきりと物語っている。


さらにキラ対策本部ビルの屋上でのLと月のやりとり。
雨が降っているなかでの月を未だ疑っていてやまないLの会話。
なかなか興味深くこんなシーンがあっても全く不思議は無いという出来だった。
animedn25-5.jpg
animedn25-6.jpg
animedn25-7.jpg
animedn25-8.jpg

雨に濡れた月の足を拭くLに対して月もLの髪を拭いてやるという描写。

バックに流れるピアノの曲が切ない。

そしてLの一言。
「もうすぐお別れです」

推理は正しいが捜査に行き詰まりを感じていて負けを覚悟しているような弱気なLの発言だ。

原作をなぞってばかりいたアニメを甘く見ていた。

animedn25-9.jpg

AHhhh! やっぱりこの顔。大筋は原作通り行くのか・・


倒れる時のLの心の中のセリフが無かったのは残念だが、それをカバーするだけの描写が事前にあったのでOKと見る。
dn7_120p_u.jpg


25話は良かった。
しかし、デスノートの人気はLのキャラクター性で爆発していた。ニアやメロ程度じゃ代わりを出来なかった。
animedn25-4.jpg

26話からはグダグダのスタート。
| 量産型 | 04:45 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://oresenyouzaku.blog25.fc2.com/tb.php/537-d8c9a667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |


特選相武紗季
オレお薦め

サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。