05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のおはなし
カテゴリー別
オレリンク

全タイトルを表示

オレ特選
RSSフィード
相武紗季フリーク オレ専用ザクで妄想大会! おまえのザクではダメだ!
オレ専用ザク 押すとTOPページへ戻るよ
ガッキーの新CM 損保ジャパン どない! | main | クロワッサンの松と相武紗季
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
謎のロケット兵器!? 「硫黄島からの手紙」
2006年に公開された映画「硫黄島からの手紙」(Letters from Iwo Jima)

硫黄島の戦いを日本兵視点で描いた映画。
US視点で描いた映画は「父親たちの星条旗」

ハリウッド映画なのに邦画かと思うようなしょぼさだった。

日本側の戦死者 約20000名
US側の戦死者  約7000名

硫黄島の戦いはこれ程の戦死者が出る大規模な戦いだったはずなのに、この映画では艦砲射撃後、1個小隊同士の小競り合いばかりでびっくりした。
後は、二宮演じる一兵卒の言葉遣いがとても汚くて気になった。

まー 今回は内容をどうこう言うよりも、

軍オタのオレでも判らない謎の兵器が!!

「うんしょっ うんしょっ」 と2人で弾頭のような物を運んで来て、
ドスコイ! US!

「えっこらしょ!」 っと持ち上げてはめ込む。
ドスコイ! US!

「しゅぽーん!」 っと支柱の一部ごと空高く舞い上がり、
ドスコイ! US!
シャーマン戦車に向かって落ちていく。
そしてシャーマン戦車及びその側にいた兵士が 「ちゅどーん!」

すげー強いんだけど・・。
映画オリジナルの兵器なのだろうか・・。

小柄な男2人が、重そうにしながらも持ち運べる弾頭の推定重量は20~40kg。
迫撃砲などのような爆発での打ち上げというよりもジェット噴射的な打ち上げに見えた。
これだけの重量のものを打ち上げる推進力部は弾頭部以上の重さがあると見る。


画像を頼りにモノ探しをするというのはなかなか困難であるが、調べてみた。
「20インチ噴進砲」
という硫黄島の小笠原兵団に新しく配備された秘密兵器らしい。
固体燃料で自力飛行するタイプのロケット弾でコストは安く済むものの命中率は悪かったのだとか。
当時のハイテク兵器であって、ドイツのV2ロケットの超小型版ってところかな。
硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)
硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)
| 量産型 | 00:14 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://oresenyouzaku.blog25.fc2.com/tb.php/733-5a41ae15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |


特選相武紗季
オレお薦め

サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。