08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のおはなし
カテゴリー別
オレリンク

全タイトルを表示

オレ特選
RSSフィード
相武紗季フリーク オレ専用ザクで妄想大会! おまえのザクではダメだ!
オレ専用ザク 押すとTOPページへ戻るよ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
戦場カメラマンはけっこう好きだが
クソTBSの『紳助社長のプロデュース大作戦!』

紳助の傲慢さが伝わってきて見るに耐えない番組なのだが、時々やっている美少女企画だけは必見である!


戦場カメラマンに美少女達を撮らせるという企画。
戦場カメラマンは儲からないし、危ないし、奥さんのいる渡部氏の選択肢は間違ってはいないと思う。


今まで番組でスカウトしてきた美少女の中から山里が選んだ7人

20101207-1.jpg
20101207-2.jpg
20101207-3.jpg
20101207-4.jpg

20101207-6.jpg

ここまで6人
AKBなら十分やっていけるレベルではあるが、パっとしないな。
というか、AKBの9割はAVでも企画モノ行き


今までの美少女企画で驚くような美少女が数人スカウトされたはずだった。
なんだよこの失態は!

山里が全く役に立たないヤツだということを再認識した。



で、7人目

20101207-7.jpg

良い!!

宝亀舞優さん。 初めて見る苗字だ。

水着にならなくともやっていけるレベルだと思う!

次週1時間かけてこの企画をやってくれるのだそうだが、テストのためって・・


20101207-8.jpg

次週の予告を見る限り宝亀舞優さんは完全にいないようだった。クソTBSめ!
| オレ選 | 00:27 | コメント:0
戸田恵梨香で楽しむSPEC
TBSドラマのくせに面白い「SPEC」
戸田恵梨香が主演じゃなくても十分楽しめる。



放送開始前の予備知識が無かったので、最初は普通の推理刑事モノだと思っていた。
実際は、作中でSPECと呼ばれる超能力者がバリバリ出て来るというちょっと幼稚な内容だった。

だが、これが良い具合に面白く仕上がっていた。
脚本や演出、適当加減が時代を捕らえているような気がする。
わざと万人受けしないような造りにしたとも受け取れる。

spec20101126-1.jpg

最近、今年に入って2台目のTVを買った。
いわゆるエコポイント駆け込み購入。

これで5台目のAQUOSです!

最初に買ったAQUOSは37インチで25万円程だった。
当時は高かった・・ だが、画質や動きに対しては古いくせにかなり良い。
アナログCMが多かったせいで、4:3の位置に左右縦2本の焼きつきが目立つようになってきた。

その後、34 32インチを3台買った。
10万以下のモノなので画質はよろしくない。
特にどいつもこいつも動きに弱い。量産型の限界か!

今回買ったのは40インチの倍速フルHD。
納得の画質だ。倍速という割に動きにさほど強い気配は無い。
価格.comで一番安い店を選んだのに、購入して届いた次の日の新聞折込チラシの店に価格が1万円も負けていた。
電化製品を買ったら、同型の商品が「今いくらか」などと探ってはならないの法則を忘れていた! shit!

で、このTVで見ても戸田恵梨香の肌はとても綺麗だ。
下の前歯が1本黄色いことを除けば、デジタル時代にどれだけアップにされても恥ずかしくない女優だ。

spec20101126-3.jpg

序盤に出て来た、未来が見えるインチキ祈祷師が実は重要なポジションだったという話の展開はとても良かったと思う。

spec20101126-4.jpg

時間を止めるヤツが問答無用に強すぎるような気もするが、致命的な弱点があるから手錠をかけることが出来たのだろう。
早く次が見たい。

spec20101126-5.jpg


主演の2人もSPEC持ちだと予想している。

坊主頭がいつも持っている紙袋もそうだが、戸田恵梨香が持っているキャリーバッグも何かある。

そして、

spec20101126-6.jpg

この左腕に銃を向ける仕草は一体何を意味するのか!?
| 戸田恵梨香 | 08:23 | コメント:1
ドラマ語りついでにQ10
2010年 9~12月期のドラマは豊作だと思う。

月9の「流れ星」はありきたりなタイトルで損をしている気配はあるが、文句無しに続きが見たいと思える作品だ。上戸彩の太ももにばかり目が行くし。

予想を裏切った内容だったのに逆にそれが良かったのが戸田恵梨香主演の「SPEC」
制作側の悪ノリ具合が丁度良い。

オレが好きなタイプのバカドラ「霊能力者 小田霧響子の嘘」
石原さとみがとても綺麗。

相武さん出演の「パーフェクト・リポート」
視聴率で苦戦しているが十分面白い。日曜の21時にドラマ枠を持ってくるドラマチックサンデーという企画が大失敗。野球による延長で、放送時間が23時過ぎになった回が一番視聴率を取れたという事例により明確になったと言える。

「ギルティ」「ナサケの女」「医龍3」なんとなく見ているが面白い。



そして宮川大輔風ロボが大活躍する「Q10」

miyagawadaisuke

内容はともかくとして、やはりロボットの評判がかなり悪い。

もともとテレビレベルでは無い地下アイドルなので文句の付け所が多過ぎるのは仕方無い。
イジメられっ子が学級委員に選ばれて、そのままのし上がってしまった感じに似ている。

しかし「Q10」という作品をSFとして捉えるとどうだろうか。
このロボットのテクノロジーは現代の科学では不可能であるため、SF的学園モノというジャンルにこのドラマを位置付けするのも有な気がする。



wikiによると「SF」は
>サイエンス・フィクション(Science Fiction、略語SF、Sci-fi)
>科学的な空想にもとづいたフィクションの総称
と書かれている。

SF作品における重要なポイントはいかに新しい発想/アイデアを見せるか、だと思う。


アニメ大国日本で育った我々は、女性型ロボットと言ったら、美女ないし美少女と勝手に決め付けていた。

q101119-1.jpg


科学者がわざわざこの顔のロボットを造ったという事が

予想の出来なかった
極めて斬新なデザインを施されたロボットを登場させたという発想に・・


・・なるような気が、一瞬だけした。

q101119-3.jpg

でも、けっこう面白いよ!
| 量産型 | 06:00 | コメント:1
ほんとかよ! 噂のオークション
入札するだけで手数料を取られるインチキくさいオークションサイトが増えている。
知名度の無いサイトは、ほぼ落札は不可能だろう。
BOTが入札合戦をする中に生身の参加者が割って入ってカモられるという仕組み。
落札は当然BOT。
商品の原価を上回った場合のみ生身が落札出来るかも知れない。




で、CMを流してそれなりの知名度になった
DMMのオークションならどうか!?




オレの知り合い(下僕)が、350mlの飲み物20本を5円で落札に成功しやがった。
しかも使ったポイントは登録時にもらえる無料ポイント!



MAJIKAAAAA!!!!



送料315円を足してもかなりのお徳感。


登録すると無料で1000円分の入札ポイントがもらえるのでそれだけを使ってみる価値はある。


(2007年以来のDMM広告を出してみる)


入札にかなり熱くなってしまっている参加者もいるので

しつこく書くけど、無料ポイントだけを使うまでにした方が良い。




マジな話
ちゃんと落札出来て、商品を発送する気のあるサイトがあることに衝撃を受けた。
| 量産型 | 05:02 | コメント:0
前ページ | ホーム | 次ページ


特選相武紗季
オレお薦め

サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。